カテゴリ:

先日(10/19)、記事にしました「[重要]Googleがモバイル(スマートフォン)版とPC版を分離する事を発表![SEO]」について、船井総研のコンサルタントによる見解です。


「モバイル・ファースト・インデックス(SEO対策)について」

こんにちは。歯科医院経営コンサルタントチームです。

ここ1週間で他部署の方も含めて複数名の院長先生方より
「モバイル・ファースト・インデックス」に関するお問い合わせを
いただきましたので、あらためてこちらで共有をさせていただきます。


PPC広告の事例については、また次回にご紹介をさせていただきます。

簡単にモバイル・ファースト・インデックスについてご説明いたします。


これまではPCの検索順位を基準に、ある程度スマホの順位もそれに準拠して表示をされていました。


しかし、全世界的に1年ほど前から、PCよりもスマホの検索数の方が
多くなっているということから、スマホサイトの方の内容、評価を基準にして
PCの順位も決めていくことにしましょう、ということです。


成果的にPCで調べるユーザーよりも、スマホで調べるユーザーの方が
多いというこであれば、自然な流れのように思います。


この発表があったのがここ最近で、サイトに力を入れている院長先生がたからどのように対策をしたら良いかを早急に教えていただきたいという問い合わせが増えております。


結論から申し上げますと、現状であれば、


「静観することが最適解」


と考えております。


モバイル・ファースト・インデックスは
基本的にPCとスマホで検索結果を分離するという説を唱えている人もいるようですが、
SEO業界のおおかたの見解はそうではありません。


地域によっては多少の順位の際はあるかもしれませんが、
ほぼ変わりはないとみて良いでしょう。


可能性があるとすれば、モバイルとPCで別のHTML、CSSで制作している場合、
順位に変動がある可能性があります(別々のURLでスマホサイトを制作している場合など)。


ただ、特にレスポンシブデザインで制作している場合は
ほぼ順位変動はないとみています。


もう一つリスクとなる可能性があるとすれば、
PCのサイトのものを大幅にスマホサイト用に内容を省略している場合も
少し影響があるかもしれません。


また、多くの質問を受けるのは、例えば、

「スマホ単体で外部のリンクが必要なのでは??」 というものです。


こちらは細かい話をすると分かりづらくなると思うので
結論のみにしておきますが、それはほぼないという見解がほとんどです。


具体的なグーグルからの発表があり次第、また共有をさせていただければと思います。

ひとまず「静観」をして様子を見るのが最適解であり、
現段階でいろいろと対策をうつのはやぶへびになる可能性があると考えております。


 自分のサイト、SEO検索順位チェックツールで確認してみよう!



まとめ(って殆ど私の文章でないですが)

以上が船井総研からの見解(歯科医院コンサルですが)です。


グーグルにしろヤフーにしろ、

いままでも「こうした方がベスト」「いやこちら」と、

この機会に「タケノコ」のようにSEOを進める悪質な会社も出てくると思われます。


確かに日々のPVは良い方がいいのは当たり前ですし、

それに沿った、適正な対策。

これは通常行っている、内容の更新やサイト内の項目追加や修正のことで、自然にやっていることで検索エンジンから、「通常のサイト」と認知されます。


被リンクの追加など過剰対策が、逆にペナルティを受ける可能性も無きにしも非ず。

今回の件は、本当にグーグルが「検索のメインをモバイルサイトに移せるのか」が焦点となると思います。


ただ、いままでずっとPCサイト中心にグーグルはプログラムをやってきたわけで、これを突然にスマホサイトメインに移すと言うのは、

「国産だった漬けものが、いきなり他国産になる」ようなものです。


これを受け入れられない(といっても、始まったら受け入れざるを得ない)と思うのは、サイトを運営している各企業や媒体だけでなく、さまざまなところに影響を及ぼす可能性は否定できません。それも全世界規模となるわけですから。


グーグルの今後の動きと、SEO対策大手各社の動きを注視していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。