公衆衛生学2007.1.9

 

産業保健の概念

ILO(国際労働機関)とWHO(世界保健機関)    1950年、あらゆる職業に従事する人々の肉体的・精神的・社会的福祉を増進・維持させる。

 

現状ではどうなっているのか→                            死者数1961年にピーク、減少2004年に122804人→4日以上の疾病と腰痛

 

 

労働者災害補償保険法→政府管掌

Ÿ  時効2年療養補償給付・休業補償・葬祭料

Ÿ  時効3年遺族給付

 

ニート対策2010年予測100万人→    ①就業機会がない

②働く事の意味や喜び・楽しさ・誇りを家庭内で父親から語られなくなった

③将来の夢・志・倫理観・社会人としての判断を身につけて行く教育観がない

④企業・行政の相次ぐ不祥事

 

 

 

 

高齢者介護      老人福祉

                老人保健

介護保険        食費・住居費自己負担は平成183月から

新しい介護保険の全体像

要介護認定者 約400万人→十年後640万人見込

給付金2004年度55000億円→10兆円を超える

保険料65歳以上

H1214 2900

H1517 3300円 

H1820 4300円 →3900

H2123 5100円 →4400

H2426 6000円 →4900

 

 

要介護  1       6770

        2       7890

        3       9010

        4       10130

        5       11250

 

嗜好  

福祉の考え方

1.   スローテンポ        視力聴力体力反応

2.   過去と分かれる現実  定年と収入減と家庭の居場所      →喪失感

3.   自尊心や誇り        8割が自分の人生にプライドがある場合、傷つく

4.   心と健康            痴呆と能力低下                  →忘れがち

5.   退行                自立心を失う・幼児期に迫る      →失禁・歩行困難

6.   不安と心身症        心身症を起し易くなる            急に悪化・リハビリ

 

痴呆        →戸外活動・運動・仲間=物忘れ予防

          →ボランティア・ペット

               内閣府調査 老人の意識調査 日常生活満足8割

               自殺60歳以上10994人 自殺者の1/3を占める

Ÿ  体力の衰え

Ÿ  病気

Ÿ  退職

Ÿ  配偶者・友人との死別→喪失

 

介護保険の課題

Ÿ  ホームヘルパー現在5万人→30万人以上

Ÿ  特別養護老人ホーム入所者35万人待機者50万人

Ÿ  介護保険利用者300万人 認定100万人()

Ÿ  2004年400万人(52000億円)→10年後640万人(10兆円を超える)

Ÿ  改革で10年後600万人8兆円

 

介護保険福祉施設

 

Ÿ  要支援    日常生活可・歩行や立ち上がりが不安定

Ÿ  要介護   

1.   立ち上がり不安定

2.   自分で歩けない

3.   自分で立ち上がれない

4.   全面的な介護必要

5.   生活全般に介護が必要

 


1号保険者      65歳胃慈雨            癌末期患者

2号保険者      40~64歳            筋萎縮性側面硬化症

特定疾患で介護が必要な人        靭帯骨化症

                                骨粗鬆症

                                        初老期認知症

                                        早老症

 

                                        糖尿性神経障害・腎症・網膜症

                                        脳血管疾患

                                        パーキンソン病

                                        関節リウマチ

                                        両側の股関節・復関節の著しい変形による関節症

 


高齢者介護      老人福祉 平17年6月介護保険法成立 介護入所者の食費・住居費自己負担

                老人保健 

 

 

老人保健 昭和47     無料

昭和57     公費と医療保険+患者の一部負担

     平成4年      現役世代の負担軽減

     平成6年      利用者のサービス確保

     平成8年      利用者の一部負担金額が一割に

     平成14     限度額の廃止と1割負担と2割負担

     平成18     2割負担と3割負担

 

1.   健康手帳の交付

2.   健康教育   32万回のべ880万人

3.   健康審査    基本検査1294万人

 

 

 

 

脳の元気

脳のエネルギー 体重の2~3%(血液は体重の15%)

食事をするときは、脳の温度が1℃上がる→温度が上がると化学反応しやすくなる

脳の活性化に必要な栄養はポリフェノール→       

Ÿ  血液の酸化防止

Ÿ  抗酸化物質

Ÿ  脳内筋肉の修復

脳の運動

Ÿ  新生ニューロン 育つ 新しい回路

Ÿ  ストレスに弱い 運動すると脳内の蛋白質BDNFが増える

脳の休養

Ÿ  眠る事で成長

Ÿ  睡眠中に昼間の出来事が脳内で生理・再現・記憶

Ÿ  寝ている間に視床下部から成長ホルモン分泌

 

 

 


埼玉のゴールドプラン

        高齢者の現状    65歳以上70万人高齢化率12.8%

                        70歳以上35万人後期高齢化率  4.8%

                        高齢者夫婦世帯145000世帯

                        1人暮らし高齢者98000

                        元気な高齢者790000

 

Ÿ  在宅      850000

Ÿ  持家      730000

Ÿ  一戸建    690000

Ÿ  共同住宅  45000

Ÿ  借家      110000        共同住宅        65000

一戸建て        45000

                       

                       

        埼玉県の特徴

Ÿ  高齢化率が全国で最も低い

Ÿ  高齢化のスピードが速い

Ÿ  高齢者の絶対数が多い

Ÿ  都市型高齢者が多い

Ÿ  地域格差が大きい

Ÿ  高齢化の高い地域 大滝村名栗村

Ÿ  要介護の原因

Ø  脳血管疾患

Ø  高齢化による衰弱

Ø  骨折・転倒

Ø  関節疾患

Ÿ 

 

Ÿ  高齢化は年間5万人前後増加

Ÿ  介護を必要とする者 平成1596700人→平成19165800

Ÿ  これまでの制度でできないことを補う(家事代行・容易な福祉用具の貸与)

Ÿ  新しい制度→目標指向型、できるだけ自立した生活を目指す

Ÿ  内容

Ø  高齢者の元気を高める健康と生きがい作り

Ø  個人の健康、特に女性の結婚・出産め更年期の支援

Ø  介護予防100万人の推進→トレーニングの普及

Ø  高齢者の知恵と技を生かす

Ÿ  介護サービスの充実

Ø  市町村の支援

Ø  自己評価・人材育成

Ø  在宅福祉サービスの充実

Ø  安心して生活が続けられる

Ø  特養の入所

Ÿ  自立を考える「ひと・まちづくり」

Ÿ  人材→県立大学で質の高い指導者の養成

Ÿ  NPOボランティアの推進

Ÿ  ライフステージに合わせた学習機会

Ÿ  再就職支援

Ÿ  勤労者福祉サービスの充実

Ÿ  ユニバーサルデザインの推進

Ÿ  公共機関のバリアフリー化

Ÿ  要介護者の現状 要介護認定者の75%介護サービス利用

Ÿ  主な要介護者

Ø  60歳未満        37

Ø  6069        26%  居宅サービス・シヨートステイ

Ø  70歳以上        29

Ÿ  介護保険以外のサービス

Ø  おむつ

Ø  交通費助成

Ø  配食サービス

Ø  家族の介護手当

Ø  訪問美容

Ø  マッサージ

Ø  ふとんの洗濯と乾燥

 


190206

 

精神保健について

  精神保健の歴史

  精神の健康

Ÿ  ストレスの要因

Ÿ  健康障害

Ÿ  メンタルヘルス不全

Ÿ  精神障害者

Ÿ  精神異常者の社会復帰