第4章ライフステージと栄養

 

1.      妊娠~授乳

    妊娠期の栄養

妊娠期間               最終月経の第1日目から分娩までの280

                             28日を1ヶ月として数える→10ヵ月

l  妊娠初期       つわり(悪心・嘔吐・食欲不振)

l  妊娠中期       子宮の拡大・体重増加

栄養の摂取            妊娠期の母体の健康状態は、胎児の発育・出生後の乳児の発育に大きな影響を与える

                             栄養過多による肥満が、糖尿病・妊娠中毒症・難産などを引き起こす原因

l  良質な蛋白質の摂取

l  低脂肪

l  高ビタミン

l  減塩

l  カルシウム不足とならないよう、必要量の摂取

    授乳期の栄養        母乳の分泌・育児・母体回復のための栄養管理と栄養補給が必要

母乳の量→1日平均780ml

2.      成長期

■乳児期の栄養

    乳児期の特徴        出生直後~満1歳までを乳児期という

  4週目未満を新生児期

身長=約1.5倍、体重=約3

生涯の中で最も成長の度合いが著しい時期のため、栄養素の過不足に注意

    栄養摂取               母乳を中心とした栄養補給(分娩後数日間=初乳)

母乳は、栄養素(蛋白質・無機質)だけでなく免疫物質や酵素類も含まれる

l  人工栄養(粉ミルクだけで授乳すること)

l  混合栄養(母乳の不足分を粉ミルクで補うこと)

授乳の回数

l  生後2ヶ月まで           →約3時間おきに67(1)

l  その後                         →約4時間おきに5回程度(1)

    離乳                      生後46ヵ月頃から行なう

乳汁だけでは不足する栄養素を補うために、食物を与える

食べやすく消化のよいものを少しづつ与えていく

乳汁を次第に減らす→幼児の食事への移行

離乳食 粥のようなものから固形食へ

  ■幼児期の栄養

    幼児期の特徴        生後12ヶ月~小学校就学前までの時期

                                            身長が著しく伸びる時期

                                   乳歯が生え揃い、永久歯へと移行する準備期間

                                   味蕾の発達で、味覚が認識される時期

                                   胃のカタチが成人のように整っていく

    幼児期の栄養        推定エネルギー必要量が、乳児に次いで大きい

3度の食事だけでエネルギー摂取を補うのが難しいので、間食が重要となる

                                          間食を与える量は1日の推定エネルギー量の10~20%程度

                                          偏食に伴う野菜不足が問題となっている

 

 

 

 

 

  ■学童期の栄養

    学童期の特徴        6~11歳までの6年間(小学生の時期)である。

小学生高学年より、身体の発達が著しい。

乳歯から永久歯へ生え変る時期→虫歯予防

    学童期の栄養        身体の成長に必要な栄養素不足に注意

孤食・欠食・偏食・食欲不振に注意

 

  ■思春期・青年期の栄養

    思春期・青年期の特徴        12~15歳までの時期

生涯の中で、身体的・精神的な発達が著しい

    思春期・青年期の栄養        急激な心身の成長に伴い、運動量も増加する

エネルギー必要量も増加する

                                                 男女ともに貧血が増加する時期

                                                 摂食障害・過食症・拒食症

                                                 ダイエットに伴う神経性食欲不振症(思春期やせ症)

                                                        バランス良い栄養素の摂取

 

3.      成人期

■成人期の特徴

    成人期                   20~65歳までの間と、幅広い

    身体的特徴            身長や組織の発育が止まる(20歳頃)

成人期の体重増加や肥満→生活習慣病

男女とも更年期障害がある(50歳以降)

 

  ■成人期の栄養           個人差が大きくなり、健康にも大きく影響する

    栄養摂取               朝食の欠食が多くなる

外食が増え、加工食品の摂取が多くなる

偏食・栄養過多・栄養バランスの崩れ

塩分の摂りすぎ、糖分の摂りすぎ

    生活習慣病            食生活の乱れからの生活習慣病の誘発

煙草などの嗜好品からも発生

 

 

4.      高齢期

■高齢期の特徴           65歳以上

①老化                         生理機能や運動機能の低下→環境によって個人差

②味覚の低下                            味の濃い物を好むようになる

 

  ■高齢期の栄養           良い食習慣を心掛ける

                                          個人に適した食物摂取方法を考える

基礎代謝量は加齢ともに低下するので、エネルギー必要量も個人差が発生。特に低栄養に注意する。

機能低下に伴う、嚥下障害・誤飲に注意