Amazon を利用している方は非常に多いわけですが、その利用者を狙った詐欺は少なくありません。
私のところにも Amazon っぽいところから下記のメールが届きました。
ログイン情報を抜き取るための、いわゆるフィッシングサイトを使った詐欺メールでした。
なぜ解ったかというと、このメールはブログ登録用のサブメールで、
アマゾンの登録には使っていない」からです(笑)

meiwaku-20191124


件名:fjkAmazon Services Japan重要情報についての通知 ←「Amazon」の前に付いてる「fjk」って何?
メール送信元:service03@edm6.sgyfgfe.com
本文:
平素 は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。
あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、
請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
Amazonをご利用いただきありがとうございますが、
アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、
アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、
アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。

ロクインアカウント ←※「ログインでなくロクインです…(笑)」

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサ ービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。

Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp

ttp://wwww.amazon.co.jp/marketplace ←いちおうリンクしないよう「t」を抜いて「w」追加してます



その他にも「Amazon Services Japanアカウントに確認が必要」「Amazonアカウントを利用制限しています」「ご登録のアカウントの確認」「ご登録いただきました住所をAmazonにてお調べいたしましたところ、正しいご住所であることが確認できませんでした」など件名や文章が異なるものがたくさんあります。
引っかからないように注意しましょう!