昨日英文でGoogle Adsense からメールが来ました。

件名が「Important updates about the California Consumer Privacy Act (CCPA)」
内容が
Dear Partner,
The California Consumer Privacy Act (CCPA) is a new data privacy law that applies to certain businesses which collect personal information from California residents. The new law goes into effect on January 1, 2020.
Google already offers data protection terms pursuant to the General Data Protection Regulation (GDPR) in Europe. We are now also offering service provider terms under the CCPA, which will supplement those existing data protection terms (revised to reflect the CCPA), effective January 1, 2020. For customers on our online contracts and updated platform contracts, the service provider terms will be incorporated into our existing contracts via the data protection terms. For such customers, there is no action required on your part to add the service provider terms into your contract.
These service provider terms will be made available alongside new tools for partners to enable restricted data processing. Restricted data processing is intended to help partners prepare for CCPA. Some partners may decide to send a restricted data processing signal for users who click a CCPA opt-out link. Other partners may decide to enable restricted data processing for all users in California via a control in our products. Subject to the service provider terms, we will act as your CCPA service provider with respect to data processed while restricted data processing is enabled. You can refer to this article for more information on restricted data processing and to determine whether restricted data processing meets your CCPA compliance needs. Please also refer to our Help Center articles for Ad Manager, AdMob, AdSense for more information on enabling restricted data processing.
Please see privacy.google.com/businesses for more information about Google’s data privacy policies.
If you have any questions about this update, please reach out to your account team or contact us through the Ad Manager, AdSense, or AdMob Help Centers.


確か私、英検の上のクラス持っているはずなのですが…
もう年なのか、すかりと英語は抜けてしまっていてわからないので翻訳君に助けてもらって納得。


そうしましたら、今日になって「Google Adsense  日本版」開けたら案内が…

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)はデータのプライバシーに関する法律です。
お客様は、同法の規定に基づいて、個人情報の販売を無効にする選択肢をカリフォルニア州の居住者に提供するよう義務付けられる可能性があります。

Google がカリフォルニア州在住と判断したユーザーについては、アカウントの設定で 2 つのオプションのいずれかを選べます。
設定を変更しなければデータ処理は制限されず、お客様のサイトには引き続きパーソナライズド広告が表示されます。


1.データ処理を制限しない
[データ処理を制限しない] を選択した場合、Google によるデータの使用方法は従来と変わりません。カリフォルニア州在住の対象ユーザーには、今後もパーソナライズド広告が引き続き表示されます。パーソナライズド広告は、過去のユーザー行動(サイトやアプリの利用歴)や地域に基づいて表示されます。


2.データ処理を制限する
[データ処理を制限する] を選択した場合、Google は一部の固有 ID などのデータの使用方法を制限します。カリフォルニア州在住の対象ユーザーには、パーソナライズされていない広告だけが表示されます。パーソナライズされていない広告とは、サイトやアプリのコンテンツなどのコンテキスト情報に基づく広告です。データ処理を制限する場合、この変更は 2019 年 12 月 12 日より適用されます

サイトでの制限付きデータ処理を管理する(アカウントでデータ処理を制限しないよう設定した場合)と、データ処理は広告のリクエスト単位で制限できるとのこと。

うーん、余計にわからなくなってしまう…簡潔にならないかな…
ちょっと調べてみます。


CCPAが対象とする事業者(Business)は、カリフォルニア州で事業を行い、カリフォルニア州民の個人情報を収集している以下の1~3のいずれか1つの要件に該当する営利目的の法人だ。なお、カリフォルニア州内に事業拠点があるかどうかにかかわらず、カリフォルニア州民の個人情報を収集していれば、この法律の対象となりうる。

①年間の総収入(annual gross revenues)が2,500万ドル以上であること
②5万人以上のカリフォルニア州民の個人情報を処理している
③カリフォルニア州民の情報を売却することで年間の収入の50%を得ている


個人情報の範囲
CCPAでいう個人情報(Personal Information)とは、カリフォルニア州民または世帯について識別し、関連し、記載し、結び付け、直接または間接的に合理的にたどることができるあらゆる情報を指すと広く定義している。

例として、実名、仮名、電話番号、IPアドレス、メールアドレス、口座、社会保障番号、運転免許証、パスポート、商品・サービスの購入履歴、虹彩・網膜・指紋・掌紋・顔・声・DNAなどの身体的・生体的特徴を含む生体情報、ウェブサイトの閲覧・検索履歴、位置情報データ、職歴・学歴などが列挙されているが、これらに限定されない。


違反1件ごとの罰金に注意
消費者から情報の開示請求があった場合、事業者は45日以内に開示することが求められるが、これに対応できない場合、事業者は州司法長官から30日以内に違反を是正するよう通知を受ける可能性がある。

さらに、この通知後も違反が是正できない場合、消費者からの請求1件当たりの違反ごとに最大2,500ドル(故意だと認定される場合には最大7,500ドル)の罰金(民事罰)を科せられる可能性がある。


逆に、これらに該当なければ大丈夫ではないかとも思われますが、
情報はこれからも入手していきたいと思います。