どのようなカタチであれ、自分が商売を行なって行くための気構えについては、ついこの間までのサラリーマン時代のように、ある程度の成果があれば自動的に給与が振り込まれるような気楽な仕事から、極端に言うと火中の栗拾いまで行なわないと仕事が得られないという切羽詰っ