カテゴリ:
仕事で常時4台もPCを使っていますと、どれかの機種で何かしらの不具合が出るときがあります。

pic_g063


この4台、導入時期は全てバラバラなので、特に1台1台確認しながら修復するのですが、
幸いなことに他のパソで、対処方法をいろいろと検索できますので、比較的早く治せます。

今回はメール用マシンとしている2個イチのWin-Xp改Win7のマシンの不具合。
タイトル通り、立ち上げはできたのに、マウスやキーボードが無反応。
つまりUSBが内部的にうまく接続できていない状態が発生しました。

PCをシャットダウンし、マウスとキーボード含めた外付け機器を全て外し、
PCを起動しなおせば、大抵の場合は 治りますが、再発の可能性ありって書いてましたが見事に再発。

前回は強制終了してから再起動しセーフモードで立ち上げてからそのまま再起動でしたが、
さすがに再発なので全ての機器を取り外し、内部に残った電気も放電させ放置。その後で立ち上げてから、セーフモードで立ち上げ再起動させました。

操作手順

1.PCをシャットダウンする
(Windows8/8.1の場合は、事前に高速シャットダウンを無効にしておきます)
 (高速スタートアップを無効にする手順)
2.接続されているUSB機器を(マウスとキーボードも含め)全て取り外す。
3.PCのコンセントを抜き、1~2分ほど待つ。
(USB機器にコンセント給電がある場合、USB機器のコンセントも抜きます)
4.それぞれの機器のコンセントを接続しなおす。
マウス・キーボードはこの時点で接続で行う。
(マウスやキーボードは、USB3.0ポートを避けるようにする)
5.PCの電源を入れ、Windowsを起動する。
6.マウスやキーボードが正常に作動する事を確認する。
7.取り外していたUSB機器を一つずつ接続する。

最初に試してみる手順は以上です。
上記手順でも正常に作動しない場合は、電源オプションの設定を変更します。

原因

Windows終了時に、まれにUSB機器が誤作動する事があります。
正常な終了が出来なかった場合や、Windows Updateなどで発生しやすい現象です。
このページで紹介した手順は、このような場合に効果的な対処方法です。
PC起動後、正常にマウスやキーボードが認識され、反応する場合はこのまま利用して大丈夫です。

それでも改善されない場合はというと、PC再起動後にマウスやキーボードの認識に時間がかかる場合は、USBドライバや、省電力機能の「USB Selective Suspend」に原因があると考えられます。
その場合、Windowsの電源オプションの見直しや、USBドライバの入れなおし等の作業をする必要が出てきます。


省電力機能の「USB Selective Suspend」が原因の場合

この方法は、無線マウス/キーボード利用時にかなり効果的です。
「USBのセレクティブ サスペンド」の設定を「無効」にします。

usb01s



原因がUSBドライバだった場合

USBマウス・キーボードの不調の原因がUSBドライバだった場合は、以下の対処が必要になります。
チェックポイントおよび対処方法
1.特定のUSB機器が犯人である場合が多いので、
USB機器を一つずつ繋げて、どの機器を繋ぐと問題発生するのか確認する

機器が特定できた場合
その機器のドライバをアップデートしてみる。
機器とセットになったユーティリティがあれば、そちらもアップデートしてみる。
改善が見込めない場合、利用しない時はUSBを外すようにしておく。

機器が特定できない場合
USBドライバの再インストールを行ってみましょう。
1. 【USB不調時の荒行Tips】すべてのUSBルートハブをアンインストールする
 ※注意: 現在 私のPC環境では、上記手法を取るとUSBドライバが入らない状態です。
2. Windows 7 SP1でWindowsがUSB機器を認識しなくなった場合の対処法
3. 2013年10月のWindows Updateで「USBが不調」になった原因と対処法
上記[1.]~[3.]のいずれかを行う事で、USB機器の不調は治るはずです。


2.その他の関連情報
Windowsは、USBバス上に「USB通信接続が確立できていないUSBデバイス」があると、USBバス上で通信確立のリトライが発生します。
その際、USBバスのBUSY状態が発生し、USB接続のマウスやキーボードの通信にも悪影響を与え、動作が遅くなる場合があります。

特殊なUSB機器の場合
以下、TVチューナーなど特殊なUSB機器の場合の例です。 
問題が発生するUSBデバイス(例:TVチューナー)を操作するアプリケーション(例:TV視聴ソフト)を起動する事で、USBデバイスの接続が確立し、PCが安定するケースもあります。
そのようなUSB機器は、普段はPCから取り外しておくか、関連アプリケーションは常駐させておくようにしましょう。


最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました♪