さきほども、関東で地震がありましたが、大丈夫でしたでしょうか?
夕飯時ですし、冬なので暖房機器を使っている方も多いと思います。

pic_c074

ところで、突然に来るのは地震だけではなく、パソコンのクラッシュもいきなりです。

前日までサクサクと使えていたパソコンが、翌朝に立ち上げる時に「ブルースクリーン」ということもあります。


o1000062513728378198


ブルースクリーンってエラーが発生した時のみ現れる、青い画面です。
これが出ると憂鬱…エラーを修復するのに、うちなどは隣のPC使って検索して修復をしていくのですが、
一般家庭だと、ほぼパソコンって1台だけですから大変です。


そうなると、業者に依頼しての修理となります。外注時にはOSの再インストールなども行われるので、「今までのデータはほぼなくなる」と思ってください。


写真やエクセル・ワードなどで作っていたデータや、はたまた外からダウンロードした大切な資料が、全て消去されてしまいます。



日ごろから、定期的に外部HDDへのバックアップを!

うちの場合、2台の外付けHDDに同じデータを保管しています。保存するのは「同時」です。

というのも、外付けHDDで壊れることがあります。実際のところ、以前使っていた外付けHDD1台は、長年使っていたら壊れました。なので、万が一ということを考えて、2台体制にしています。

o1280096013728356466


一般家庭では、1台購入してデータ関係は、そっちに保存で良いと思います。

現在の外付けHDDは、動画などにも対応すべく容量が2T(テラ)や3T(テラ)のようなものも、それほど高くなく購入できます。値段は周辺機器のショップ「サンワダイレクト」で確認ください。

大切なデータは、外付けHDDから読みだして更新し、それを保存するときに、元データのある外付けHDDと予備の外付けHDDに保存・バックアップという感じにしています。


パソコンが立ち上がらなくなり、HDDは大丈夫そうなときは?

突然使っていたパソコンが、翌日に立ち上がらなくなったら。
業者に出す前に、必要なデータなどを救出したい。

パソコンの内部HDDの中には、メールのデータやアドレス帳なんかもあります。
これらはバックアップするのも結構面倒なのですが、今回は内部HDDの復旧というよりも、中のデータ救出を行ったことの紹介です。

<引用>
「パソコンごと壊れてしまって、データを復旧させようと思い、インターネットで調べて問い合わせたら、50万円くらいかかると言われてあきらめました」

o0800060013697259503



「お立ち台」を使いデータを他のパソコンに救出します。

私もパソコンが壊れた時に問い合わせしましたら10数万円と言われて、どうしようか困ったことがありました。
そのときに、ハードディスクのデータを抜き出す装置があることを知りました。
それが「お立ち台」です。

「お立ち台」は、幾つかのメーカーから出ているのですが、私はアオテックの「HDD-STAND(HDST-UES1)」というものを別のパソコンからネットで発注し、翌日には手元に届きました。


HDD-STANDと生きているPCとをUSBで接続してデータを救出する」ということです。

上の部分にHDDを差し込んで使いますが、ノートパソコン用の2.5インチか、デスクトップ用の3.5インチのHDDに使用可能です。

ところで、差し込むコネクタの部分が「SATA」という規格のみに対応し「IDE」は基本的には使えません。
と言ってもご安心を、「IDE」は「SATA」が出るまでの旧規格なので、相当古いパソコンしか使われてません。

o0400026813697278163



差し込む部分がL字であれば「SATA」です。※変換アダプタが出ていますが使ったことないので


o0800060013697279060


下手な撮り方で申し訳ないですが、こんな感じで実際に差し込むと「お立ち台」のようになります。ロック機構とかは特に無いですが、一応カチッとハマります。パワーランプとアクセスランプ付きです。また2.5インチのSDDなどもOKです。



見る限りわかると思いますが、冷却ファンなどは無いため熱くなります。
そしてHDDが「ウイーーン」と唸るように廻るので、早くデータだけ救出し終わりたくなります。




購入は「Yahoo!ショッピング」でも可能です!

HDST-UES1_900


もしもの時に、HDDのデータを業者に依頼すると10万~30万!

それが、この機器があれば4000円以内で済むというありがたさ。

Yahoo!ショッピングで検索したら、もっと価格破壊が起きてます!

一家に一台、あればいいと思うパソコンの周辺機器の紹介でした!
murauchi3_4547853000659

 Yahoo!ショッピングにログインし「aotech アオテック」で検索すると、
対象の商品が出てきますので解かると思います。

製品の詳細は、Copyright 2009 株式会社 アオテックのサイトを見てください。
http://www.aotech.jp/HDD/HDST-UES1.html


データを取り出した後のパソコンはどうするの?

修理しても費用がかかったり、部品が無く修理ができない場合などもあります。
そういうとき、止むを得ず
廃棄するしかありません。

自治体に小型家電リサイクルに従って、回収してもらう
住んでいるところの「ゴミ出しの規則」にもよりますが、
そのまま不燃ゴミとして出すのは難しいところが多いです。

パソコンは「産業廃棄物」という取り扱いになります。
そして、そのまま捨てる場合でも、リサイクル費用が数千円かかる自治体もあります。


パソコンを分解して部品ごとにゴミで捨てる

慣れている方なら、パソコンを分解して「少しづつ」不燃ゴミとして出す方法もあります。
パソコンは分解すると、パソコンを構成する部品に分かれます。
お住まいの地域の金属ゴミ・燃えないゴミ、粗大ゴミの分別方法に従って無料または有料のゴミとして捨ててください。

なお、部品は「資源の有効な利用の促進に関する法律」の対象外で、パソコンとして扱われずにゴミになります。

部品とはCPU、ハードディスク、基盤、メモリ、マザーボード、電源ユニット、ファン、ケース、バッテリー、電池のことを言います。

私の経験として、不燃ごみの日に、市の回収車が来る前に、使えそうな不燃ゴミを回収して回る方がいて、たいがいパソコンの部品は持って行ってくれます。


周辺機器はゴミとして捨てられます
周辺機器はそのまま燃えないゴミ、粗大ゴミとして無料または有料で捨てることができます。

理由は周辺機器が「資源の有効な利用の促進に関する法律」の対象外だからです。周辺機器とはマウス、キーボード、ケーブル、スピーカー、充電器、プリンタのことを言います。


パソコン廃棄業者「ジャンク品パソコン買取ドットコム」に依頼する
ホームページの手順のとおりに送れば、何台でも無料で処分できます。
他メーカー・自作パソコン混在でも古い・故障していても問題ありません。
パソコンと同じ箱であれば取扱説明書、CDROM、ソフトウェアも処分できます。

専門店だからできる!壊れたパソコン買取!
個人情報も安心!データ消去・破壊




再確認、パソコンをゴミとして捨てる前に!

最初に書きましたが、パソコンをゴミとして捨てる前にハードディスクに保存されているデータは消しましたか?
パソコンのデータ消去は自己責任です。
データ消去まで無料で行ってもらえるところもありますが、一度自分で行えないか確認しましょう。

ここまで読んでいただいて下さいまして本当にありがとうございました。