昨年末から「PayPal」を装ったメールが頻繁に来るようになっています。

内容は「アカウントを確認してください」というタイトルで、

IDやパスワ、クレジットカードの番号などを入れさせようというものです。

 

PayPalを使ったのって、確か2015年5月に1度、
某プログラムの有料版を買ったときに登録し支払っただけ、

そしてその使ったクレカは現在既に有効期限過ぎてて使えない(笑)

なので放置していても安心なのですが、ブログで注意喚起しておきますね!

 

PayPalの偽アカウントによる詐欺らしい

うちに来ているメール、

12/28に下記のような第一報が来ました

タイトルは「AlertNo9292 : [Please confirm your account details]」です。

o0592050313836033533

差出人のアカウントは「alertno-id.info@www945.sakura.ne.jp」なのですが、

PayPalから来るなら「paypal.com」のドメインでないとおかしいですよね。

 

内容を翻訳すると

あなたのアカウントアクセスは以下の理由(s)のために制限された:

2016年12月28日 私達は あなたのアカウント情報のうちのいくらかを確認する必要がある。
この理由のためのあなたのケースIDは、PP-009-536-987-252である。
私達はアカウントの本当のオーナーの批准において、問題に直面し、
それのために、あなたは以下のステップに従わなければならない:


要は、このメールの下部にあるフィッシング先にアクセスして

必要事項を入れましょうということですね。

 

1回限りのプログラム購入で使っただけですし、

その使ったメールも、どうでもよいメアドにしたのでアカウント消えても平気ですが…

 

私が使っている信用できるセキュリティソフト

3年間5台のサポートが驚くべき費用です!

セキュリティソフトの次の更新時には、これも候補の1つにできると思います。

「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフトESETセキュリティソフトです。

まずは1ヵ月の無料体験からはじめる総合セキュリティソフト

 

   

 

 

メール来ても、レンタルサーバーの

「さくらインターネット」スパムメールフォルダにそのまま保管され、

確認後に廃棄しているので、送り手さん無駄なことやっていますけれど…

迷惑メールは、そのまま放置しました。

 

連日、来たよ「アカウント喚起」メール

放置していましたら、12/30と1/1に「Verification Required.!」というメールが来ましたよ。

今度の差出人メールアドレスは前者「Noreply@team.co.us」で後者「Data@local.co.us」というものです。

ドメインに統一性ないし、あからさまなスパムですよ。

 

内容は、一回目が下記、アマゾンって1度も使ったことないのになぁ。
o0788051313836041994


そして2回目が下記、前者とメールの体裁も違う(なぜかセンター寄せ)のには笑えます。
o1264077113836045127

翻訳すると…長くなるので端折りますと

私達はあなたのiTunesアカウントについての問題を解決する必要がある~あなたのiTunesと接続できるけれども、あなたがお金または使用を追加することができないかもしれないことは可能である


iTune!

スマホすら使っていない私、iチューンというか、iパット系など持ってませんって(笑)

ネットで調べて行くと「フィッシング対策協議会」のサイトで

PayPal をかたるフィッシングについて書かれています。

 

そして放置していたら、今日(1/2)ですが初回と同じメール来ましたよ。

期日も2016年12月26日が期限だそうです…

o0592050313836033533

とりあえず、「PayPal」の公式サイトに通報コーナーがあるので、

内容を送ってあげようと思っています。

 

このようなメールが来ても

焦って支払い手続きとかしないように、ご注意くださいね。

 

皆さんも、迷惑メールには気を付けてください。

以上、迷惑メールのお話でした。最後までご覧いただき、ありがとうございました。